〜bourbon rainに酔いしれて…♪〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆地球音楽ライブラリー☆

<<   作成日時 : 2010/01/27 03:26   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

先日、矢沢繋がりの先輩とのメールのやり取りで
97年に発行された『地球音楽ライブラリー』が話題に上ったんですけど
この本は矢沢関連の書籍の中でも、かなり中身の濃い良本だと思うんですよね


画像



矢沢永吉と言うと、どうしても『成りあがり』のイメージが先行して
その発言、生き様とかに焦点が当てられがちですが
(勿論、それ自体は悪い事ではありませんけど)
当然ながら永ちゃんはアーティスト、ミュージシャンな訳で
少なくとも自分は音楽的な視点で矢沢の活動を
こんなにもディープに網羅した本をこれ以外に知りません

初版から13年
飛び出す絵本』とか出す位なら
この第2弾とか改訂版を出さんかいって思うんだけどねぇ

でもただ出すだけじゃ芸が無いと思うんで
その辺は(気が向いたら)次回ヨロシク


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰です。みいのすけからHN変えてみました。こういった「昔」の話題であれば、自分も参加できるかなと(汗)。このライブラリーは、ほぼ1冊にわたって矢沢永吉の“音楽”に焦点を当てているという意味で大変貴重な本ですよね。他のアーティストが永ちゃんの曲をカバーしているアルバムも紹介されたりしていて重宝しました。

ちなみに前回の前田日明の本は、自分も持ってました。
こ〜いち
2010/01/27 20:38
私も最高の本だと思います。
資料的な価値としては出色でしょう。
実はこの本持っておらず、邦楽ロックの本ばかり集めている友人に見せてもらったんです。
もし第2版を出すなら、ツアー日程で一部抜けているところを補えば言うことなし(それと98年以降の資料もプラスする!)。
それはファンから提供を受けたらどうにかなるのでは?
ハルモニア
2010/01/27 22:47
こ〜いちさん♪^^ どーもどーも

>他のアーティストが永ちゃんの曲をカバー〜

そこの部分は自分も大変興味深く読みました
特に『五大洋光』は、この本が無かったら
自分は多分、一生知らなかったでしょう

>ちなみに前回の前田日明の本は〜

流石、筋金入りのプロレスファンですな

ともかく「昔」の話題でなくても遠慮無く参加してくださいませ
AKIRA
2010/01/28 20:29
ハルモニアさん♪^^毎度です

あらま、お持ちで無いとは意外です
現在は廃刊の様で再発しても結構売れると思いますが
折角ならリニューアルした物を読みたいですよね

>ツアー日程〜

それを全部掲載するとなったら
それだけで1冊、出来ちゃいますよね

>ファンから提供を〜

そっち方面がメチャメチャ詳しい方を何人か知ってますが
その気になったらその方々だけで
データ作成も不可能では無いですね
AKIRA
2010/01/28 20:35
・最新地球音楽ライブラリー 1,910円(忌野清志郎・増補改訂版2月7日発売)
・バイブル 10,000円(現在販売終了)

矢沢永吉地球音楽ライブラリー3版(97年12月発行)を最後に2002年(だと記憶)絶版しましたが、3版は初版と違って

・インタビュー記事(1997年もの)が冒頭17ページだったかな??あり
・キャロル時代の解説文書が大幅カット
・モノクロ写真・解説書面が訂正     等等

と、「改定版」というわけではないですが「修正版」は存在してました。

「改訂版」を販売しているアーティストについて、まあ大げさな言い方ですが’三位一体’(アーティスト=ファンクラブ=ファン)となって取り組んだ作品となっていますねぇ〜

ある30年選手はこのシリーズはもちろんのこと、三位一体プラス所属レコード会社を巻き込んでプレゼンテーションを展開し、素晴らしい作品を提供している現実がうらやましい限りです

でもって矢沢永吉について、このような作品を提供できるのは「バイブル」が精一杯であるという現実

しかし濃い内容の約2,000円と外見だけ立派な10,000円。凄いよなあ。


好評だったのになあ・・・この本
いろいろよい議論できる風潮(改訂版への資料提供など)はあったのにね。
だからいつかきっとと信じて、待っていた・・・で13年か














バーテル
2010/01/30 18:19
バーテルさん♪^^

「修正版」情報センキューどーもです

自分は初版しか持ってないもんで
その3版の詳細は気になりますねぇ〜

>濃い内容の約2,000円と外見だけ立派〜

あれは自分も買う気が全く無しでした(爆)

>いろいろよい議論できる風潮〜

向うサイドが聞く耳を持たないのか
はたまた本人が興味無しなのか.....
AKIRA
2010/01/30 21:24
もうこれが出てから13年経ちますか。
このライブラリーは、永ちゃんの過去の調べるには貴重な一冊ですもんね。
ツアーの主立った会場のセットリストや、ツアーのスケジュールだとか。
個人的には、ツアースケジュールのところどころにある、地名のみ、「この間不明」というのが気になるところですが、あれだけ記録を大事にしてる永ちゃんだから、わかるんじゃないのかな?なんて勝手に思っているのですが。
ターボー
2010/01/31 08:28
ターボーさん♪^^

当時はまだファン歴が浅かったので
この本はかなり勉強になりました

YAZAWAサイドがどれだけ記録してるかは
自分の立場では全く見当が付きませんが
もしかしたらそっち方面はファンの方が
正確に記録してるかもしれませんね
AKIRA
2010/01/31 20:15
サブウェイ〜のファンの私にとって、サブウェイ以前の永ちゃんの音楽の足跡を知る為に、無くてはならない「バイブルの一冊艨vです忠iちゃんのライブの記録を読みながら、1976〜1979の頃はその年間ライブ数の多さにまさに怒涛の「街から街へのトラベリンバスツアーチ」だったのだと胸がワクワク窒ニします。 夏に武道館の年も何年か有ったのですね

すぐに物を無くすので、ヤフオクで三冊手に入れましたが、今手元には二冊でどちらも1997年9月10日2刷発行の物でした。
音楽家としての永ちゃんの軌跡を記した、こんな艪ェまた発行されると嬉しいですね
ぺこちゃん
2010/02/09 14:43
ぺこちゃん♪^^

昔は永ちゃんのライヴと言えば
『夏』なんて話を聞いた事があります

三冊落札って凄いですな

>また発行されると嬉しいですね

また署名活動でもしましょうかね
効果無いと思うけど(笑)
AKIRA
2010/02/09 21:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆地球音楽ライブラリー☆ 〜bourbon rainに酔いしれて…♪〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる