〜bourbon rainに酔いしれて…♪〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆Back to the 80's☆Vol.11

<<   作成日時 : 2009/01/13 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

アメリカのロックの歴史では
エルヴィス・プレスリーが活躍した1950年代を
『第1世代』と位置付けられてまして
今回はいわゆる『第4世代』を代表するアーティストを
3組ご紹介したいと思いますヨロシク

先ずはこちら

♪Bruce Springsteen / Born in the USA

http://jp.youtube.com/watch?v=BjwzxKzvWUE&feature=channel_page


画像



説明するまでもありませんがアメリカのBOSS
ブルース・スプリングスティーン

タイトルも何かそのものズバリですけど
アメリカンロックとはこうゆうもんだとゆうお手本みたいな
良い意味で実に分かりやすい曲ですね


続きましてはこちら


♪John Cougar / Jack Diane





画像



ジョン・クーガー
現在のジョン・メレンキャンプですが
クーガーとは当時のマネージャーが
本名のメレンキャンプではダサいからと
勝手に付けられた名前だそうで
本人はこの名が嫌だったらしく
これ以降にジョン・クーガー・メレンキャンプと改名し
現在は堂々と先に書いた本名で活躍しております


さて、今回のラストは
この曲も当時かなり大好きでしたねぇ
映画も大ヒットしましたけど
今回こうゆう形でご紹介したかったもんで
先にやった映画音楽特集では敢えて取り上げるのを避けました


♪Huey Lewis & the News / The Power of Love





画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
スプリング・スティーンは、未だ元気バリバリですよね。さすがアメリカのBOSS!BOSSの最高傑作といえば、3rdの『明日無き暴走』だと思いますが、『Born In The U.S.A』もよいですよね。タイトル曲をはじめ、分かりやすい&とっつきやすい楽曲が満載な名盤だと思います。
みいのすけ
2009/01/14 21:40
80年代半ばくらいから徐々に音楽を聴かなくなりましたが、さすがにBOSSは別ですね。来日公演にも行きましたし。最初、ジャケの後ろ姿はモデルか何かだと思っていたら、実はご本人だったとは…。
ハルモニア
2009/01/14 22:33
ヒューイルイスは前のバンド時代にジョン・マクフィーと一緒で、
ジョンから音楽的影響を受けたそうですが、そのジョンがアルバムに
ゲスト参加してたのにはなんか嬉しかったですね
pacy
2009/01/15 10:30
みいのすけさん♪^^

♪Born To Runと、どちらを紹介しようか迷ったんですけど
この曲が出たのは確かまだ70年代だったと記憶してまして
今回〜USAの方を取り上げました


ハルモニアさん♪^^

>ジャケの後ろ姿〜

自分もPV観てなかったら本人だと思わなかったでしょうな(笑)



pacyさん♪^^

そうそう!ヒューイ・ルイスって昔ジョンと一緒にやってたらしいですね!^^
つってもこの事実かなり後になって知ったんですが^^ゞ
それも観てみたい!
AKIRA
2009/01/15 21:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆Back to the 80's☆Vol.11 〜bourbon rainに酔いしれて…♪〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる