テーマ:女トラ第参章

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆128

よりによって『母』に主役の座を奪われた愛美と洋助。 だが、楽しければオッケーとゆう感覚の二人はその盛り上がりの輪の中に自ら身を投じる。 麻理子と遥子は輪にこそ加わらなかったがテーブルに着いたままその光景を楽しんでいた。 「こんな披露宴、前代未聞よね」と笑う遥子。 「うん。でも楽しいよ!」 「ホントにね」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆127

宴も佳境に入ってくると洋助父の様子がおかしくなってきた。 口を開いたり閉じたり唇を繁盛に舐めだし右手を口元にやっては離してを繰り返し落ち着かない。 「あんたぁ!アカンでぇ!」 様子に気付いた洋助母が睨む。 「そ、そない言うたかて、もう2ヶ月も我慢しとるんやでぇ」 「それがどないしたんや!もう煙草なんぞキッパ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆126

愛美と洋助の結婚式は9月中旬に品川神社にて互いの両親、親類だけで、ささやかに営まれた。 だが同じ日の午後には真純が手配した品川駅前のホテルの大宴会場にて披露宴が行われ、そこでは対照的に多くの参列者が訪れ賑やかな物となった。 麻理子はこの日の為に新調したシャンパン・ゴールドのドレス。遥子は黒のフォーマル・スーツ。 受付に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆125

話を聞き終えると麻理子は感動して泣いていた。 里香もハンカチで目頭を押さえ遥子も珍しく瞳が潤んでいる。 「いや、嫌だわもう!こっちが恥ずかしくなってくるじゃない!」 3人の表情に柄にも無く照れまくる眞由美。 「だって拳斗さん全然話してくれないから」と麻理子。 あの時、拳斗は何も言わず眞由美が目を覚ますと逃げ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆124

眞由美は拳斗の話を黙って横で聞いていた。 「本当なら俺にそんな資格は無いのかもしれない。いや、無いだろう」 ビールを一口飲む。 「だが、それでも最後の審判を受けたくて此処に来たんだ。果たして運命が本当なのかどうか」 そう言って拳斗は口を閉ざした。 暫く沈黙が流れる。 並んで座ったまま微動だにしない二人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆123

妻は拳斗に慰謝料を請求する事も無く二人は円満に離婚。 除隊後、自衛隊の関連企業から幾つもの誘いがあったが拳斗はそれらを断り昔の空手仲間の一人と共同で川崎に警備会社を設立。 始めは海外旅行に行く家庭の留守番や老夫婦宅の犬の散歩等、便利屋みたいな仕事も請け負ったが現在は50名ものスタッフを抱える会社に成長。 そして経営が軌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆122

あの頃、拳斗は眞由美との結婚を一度は本気で考えた。 だが眞由美と出逢う前から決めていた進路を変えるつもりも無かった。 自衛隊。いくら平和な時代とは言え、そこには必ず『死』が付き纏う。 例え平時でも訓練中等に命を落とす事も充分有り得るのだ。 いつ死んでしまうか判らない自分に眞由美を幸せに出来るのか。その資格があるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆121

思い掛けない来訪者に初めて出逢った頃の様に胸が高鳴る眞由美。 (BGMは♪SORRY・・・) 携帯の方は以下↓ http://www.youtube.com/watch?v=QV_sUqyT0mw だがあの頃とは違う拳斗の風貌に自然と笑みが漏れた。 「随分、太くなっちゃったのね」 基本…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆120

拳斗と別れた翌日から抜け殻の様になった眞由美は自室に引き篭ったまま食事も取ろうとしなかった。 家族も最初は鬼の撹乱と深く考えていなかったが3日目になると流石に心配になってくる。 だが1週間後 「まだまだやらなきゃいけない事、経験しなきゃならない事が沢山ある」 拳斗の言葉を思い出しそれに感化され、また成りあがる前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆119

眞由美の高校の卒業式の当日。同じ日に拳斗の横浦賀高校も卒業式であった。 卒業証書を受け取ると眞由美はそのまま式終了を待たず呼び止める教員を無視して退席。Z2を拳斗の所へと走らせる。 この頃にはもう眞由美も大型免許を取得し兄もバイクを譲ってくれていた。 学校の正門に佇む拳斗。 眞由美が辿り着くと入れ替わる様に眞由美…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆118

その本牧ふ頭での出来事から横浜の不良グループの間で『公認のカップル』となった眞由美と拳斗。 その噂は瞬く間に神奈川全域に広がり当然、拳斗の学校関係者の耳にも入る。 2年一学期開始直後、拳斗は一度、校長室に呼び出され担任を含む複数の教師に事の真意を尋ねられると喧嘩についてはしらばっくれたが眞由美との関係はあっさり認めた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆117

破瓜の血に染まったシーツを布団から剥がして暫らくポーッと眺めるバスタオル姿の眞由美。 「丸で日章旗だな」 「馬鹿っ!」 デリカシーの欠片も無い、風呂上りの拳斗の一言に対して叫び再びシーツに視線を戻す。 「洗濯して落ちるかしら?」 「気にするな。それにしても初めてだったとはな」 「言わないのっ!」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆116

拳斗が眞由美を連れてきた店は国道16号から一つ路地を入った通りにあるステーキハウスであった。 西部劇に出てきそうなアメリカン・テイストの造りで店名はサンライズ。 「いらっしゃい!おぉ!拳斗、随分早いなっ!」 プロレスラーのスタン・ハンセンに似た店主が厨房から顔を覗かせる。 「いや、今は客でヨロシクです」 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆115

翌日の月曜日。眞由美は学校を途中で抜け出しセーラー服姿のまま長兄のZ2に乗って横浦賀高校へと向った。 神奈川県立横浦賀高校は県内でも有数の進学校で毎年多くの東大合格者を出してる男子校である。 長いスカートを靡かせ段差もなんのその事務室窓口のまん前まで走り込む眞由美。 エントランス内に、けたたましく鳴り響くエンジン音に事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆114

拳斗が呼んだ修理屋を待ってる間、キャロルとYAZAWAの話題で盛り上がる2人。 30分後、1台のダットサン・トラックが観音崎にやってきた。 運転席から中年の男が降りてくる。 「すみませんお手数かけます」風貌に似合わず礼儀正しい拳斗。 「いいっていいって!困った時はお互い様よ!」 気さくな雰囲気の男は荷台から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆113

眞由美と拳斗の出会いは二人が高校1年生の10月。場所は観音崎。 この頃の眞由美は一番上の兄のカワサキZ2を借りてツーリングに行くのが趣味で長兄は2人の弟には絶対にバイクを貸さなかったのだが末っ子の眞由美にだけは、あっさりキーを渡してくれた。 因みに、この時点で眞由美は中型免許しか持っておらず厳密には無免許運転であった。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆112

「洋助さん」 「おぉ!婿殿!!」 「愛美さん!お父さん!」 ひしと両手を握り合う3人。 愛美はともかく影虎までもがこんなにも洋助に対して歓迎モードなのが眞由美には驚きであった。 「ちょっとアンタこいつから幾ら貰ってるのよ!」 「幾らってお前なぁ・・・」 「お母さん!」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆111

「反対反対反対反対反対反対反対反対!全く冗談じゃないわっ!」 愛美の結婚相手が洋助だと知った途端に態度を急変させる眞由美。 「そんな!眞由美さん」 「洋助さんいい人じゃないですか!」 「いい人とかそうゆう問題じゃないの!私は絶対に許しませんからねっ!!」 「そんな事、言ったって、私のお腹の中には、もう・・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆110

「あら?珍しいじゃない?」 「久し振りだな」 「どうしたの?急に父娘、揃って」 「えぇっ!?」 眞由美の言葉に驚きの声を上げる遥子達。 「父です」 「私の元旦那よ」 「麻生影虎です。娘と元女房がお世話になっております」 低くドスの効いた声だが物腰は柔らかい。 同時に麻理子達は失礼とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆109

麻理子と裕司がくっついてから2週間後、遥子は京王百貨店内のアフタヌーン・ティーで麻理子のお惚気話に延々と付き合わされていた。 次から次へとエンドレスで続く話に、よく話題が尽きない物だと感心しつつ逆上せ上がってまたフラれなきゃいいけどねぇとちょっと心配になりながらも笑顔で聞いてあげている遥子。 「それでね!それで裕クンったら!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆108

注:今回も子供は読んじゃ駄目っ!! 根元まで咥え込むと同時に歓喜の声を漏らす麻理子。 裕司に跨った体制のまま腰を前後にゆっくりと動かし始め両手でヌーブラを剥がすとDカップの形の良いバストがぷるんっと弾ける。 裕司は下から反射的にその胸に手を伸ばした。手の平に触れた乳首がコ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆107

注:子供は読んじゃ駄目っ!! されるがままであった。 気が付けばベッドに押し倒されてるのは裕司の方だった。 アルコールのせいなのか、それともこれが真の姿なのか。 ただ、はっきりしているのは今の時点で裕司は仰向けのまま一方的に麻理子に愛されてるとゆう事だ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆106

お祭り騒ぎの仲間達。 ワンコーラス歌った所で曲はエンディングを迎え一斉に拍手と万歳三唱が行われる。 遥子、眞由美、拳斗、愛美、真純、そして雄一郎が二人を祝福する。 麻理子は急に恥かしくなったのか真っ赤になって下を向いてしまった。 「やったね麻理子!」 「良かったねぇ~裕司君!」 「一時はどうなる事かと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆105

静かに曲が終わると麻理子は自然とYASHIMAの面々に拍手を贈った。 バンドは休む事無く次の曲を演奏し始める。 ピアノのアルペジオからシャープなギターフレーズ。そして力強い三連符のベース音。 エモーショナルなイントロダクションに、さりげないバックコーラスが見事に調和する。 「守ってやりたいだけ~♪」 矢沢永…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆104

既に愛美と思われる女性の姿は無くステージでは見知らぬ男がドラムでミディアムテンポの8ビートをパワフルに叩いていた。 8小節目辺りで下手側から3人の影が視界に入る。 敏広と賢治、加奈子であった。 敏広が上手側、賢治が下手側、加奈子が賢治の後方のドラムの横にと、それぞれの配置に着く。 そしてギターとキーボードが同時に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆103

4月の最終土曜日。 ワインレッドのワンピースミニドレスに黒のファーボレロ姿の麻理子は指定された時間の5分前には府中駅南口に着いた。 送迎が来るとの事だが誰が来てくれるのか?人気が多い割にそれらしき者は見当たらなかった。だがその時 「山本麻理子様」 呼ばれる方に振り返る。 そこには髪をオールバックに纏めタキシ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆102

麻理子の携帯に遥子からメールが届いた。 4月の最終土曜日に『情事』達いつものメンバーが麻理子の誕生日を祝ってくれるとゆうのだ。 麻理子は素直に嬉しく思ったが同時に自分の誕生日なんかで皆の手を煩わせるのは何だか申し訳ないとも思った。 ふと部屋のフォト・フレームを見る。 子供の頃は叔母の楓が毎年、祝ってくれた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆101

最近、里香に彼氏が出来たらしい。 OYHの常連客の複数からそんな話が舞い込んでくる。 前年の11月辺りから里香の足が眞由美の店から遠退いており今年に入ってからは新年会の誘いも断り、まだ一度も来店していない。 その間に里香は東京方面にある幾つかのYAZAWAな店に同じ男と来店してるとゆう目撃情報が入ってくるのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆100

最初のDMデートから3日後、裕司は思い切って第3週の日曜日に麻理子を富士急ハイランドに誘ってみたら即オッケーの返事が来た。 自分の車、シルビア(オートマ)で調布駅まで迎えに行くと麻理子は上下デニムに長いピンクブラウンの髪をポニーテールに纏め普段のイメージと違う雰囲気であったが、それもよく似合っていた。 しかもインナーには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説☆女達のトラベリン・バス☆099

この頃のDIAMOND MOONは仮店舗で現在の場所と違い赤坂通りから一つ路地を入ったビルの地下一階にあった。 階段を降り黒い扉を開けるとサブ2ヴァージョンの♪真っ赤なフィアットが聴こえてくる。 「わぁっ!」 あまり広くは無いがYAZAWAな雰囲気一色の店内に歓喜の声を上げる麻理子。 入って左側のバー・スペースは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more