テーマ:JOURNEY

☆DON'T STOP BELIEVIN':EVERYMAN'S JOURNEY☆

行ってきましたジャーニーのドキュメント映画 基本的に現在のヴォーカリストであるアーネル・ピネダの恵まれない生い立ちからジャーニー加入に至る迄の経緯を中心に描かれてましてYOU TUBEが全ての始まりだった等のエピソードは既にCDのライナー・ノーツ等で語られているので特に目新しさを感じません…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

☆JOURNEY☆ in 日本武道館 2013.0311 Vol.2

私事ですが自分、重度の花粉症でして只今鼻水、目の痒みと戦いながらPCに向かっておりますが、さて何から書きましょうかね 先ずセトリに関しては出し惜しみ無しの名曲、ヒット曲、代表曲のオンパレードで 誰かさんと違い(爆)オーディエンスが何を望んでいるのか「やっぱ判ってるなぁ!」と思いましたね
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆JOURNEY☆ in 日本武道館 2013.0311

前回の来日から、もう4年も経つんだねぇ セトリは以下のウドーのHPを参照して頂くとして↓ http://udo.jp/News/201303/index.html 結論から言えば本当に素晴らしいパフォーマンスでした 特にVoの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆Deen Castronovo☆

今回は延びに延びて記事に出来なかった ディーン・カストロノヴォをご紹介したいと思います BAD ENGLISH、HARDLINEを経て 現在はJOURNEYのドラマーである事は前にも述べましたが オレがこの人のドラムを初めて聴いたのは トニー・マカパインの2ndアルバム{%CDwebr…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆BAD ENGLISH☆

ジャーニー解散後 キーボードのジョナサン・ケインは 古巣のベイビーズのメンバーである ジョン・ウェイトとリッキー・フィリップスに接触 ベイビーズの再結成かと思いきや何とニール・ショーンが ディーン・カストロノヴォを引き連れてそこに合流 ここにBAD ENGLISHが誕生し…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

☆JOURNEY☆Vol.8

1986年、ジャーニーは3度目の転換期を迎えるのですが それはメンバーチェンジでは無くメンバーの脱退でした 3年降りのニューアルバム『Raised on Radio』をリリースするも 鉄壁のリズム隊、ロス・ヴァロリーとスティーヴ・スミスの姿はそこには無く 3人だけでの再始動となる訳で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆JOURNEY☆番外編Vol.2

ニール・ショーンのジャーニー以外の活動で 最もオレ好みだったのが今回ご紹介する HAGAR・SCHON・AARONSON・SHRIEVEです 先ずはこちら ♪Missing You ヴァン・ヘイレンに加入する前のサミ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

☆JOURNEY☆番外編

80年代前半のジャーニーは正に絶頂期でしたが その勢いも手伝ってか この頃はメンバーのソロ活動なんかもありましたね 代表的なのがVoのスティーヴ・ペリーのこちら ♪Oh Sherry シェリーとはS・ペリーの当時のガールフレンド…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

☆JOURNEY☆Vol.7

先ずはこちらから ♪Faithfully 如何でしたでしょうか? 当初はオリジナルヴァージョンを お送りするつもりだったのですが 先のフォーラムVol.3の記事にも書いた通り この曲でのアーネルのVoが実に素晴らしかったので こちらの映像に変更しまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

☆Journey☆in東京国際フォーラムVol.3

コンサートの良し悪しに セットリストは大きく影響すると思うんですが そうゆう意味でも今回のライヴは自分好みで また意外性のある選曲に思えました 先ずは♪Ask the Lonely この曲大好きなんですけどライヴでお約束とゆう訳では無いので 今回、生で聴けてかなり嬉しかったです…
トラックバック:2
コメント:9

続きを読むread more

☆Journey☆in東京国際フォーラムVol.2

♪The Journey(Revelation)のイントロ風のSEから ♪Majesticの生演奏へと流れ込み一発目は新曲の♪Never Walk Away 以後のセットリストは前回の記事を参照して頂くとして ニューアルバムの『Revelation』から計5曲も持ってくる所に ジャーニーは現在進行形のバ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

☆Journey☆in東京国際フォーラム

昨日行ってきましたが良かったヨカッタ してセットリストは以下の通りで詳細は 後日改めてレポートいたしますんでヨロシクです 01.Majestic 02.Never Walk Away 03.Only the Young 04.Ask the Lonely…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

☆JOURNEY☆Vol.6

♪OPEN ARMS等のバラード系のヒット曲に恵まれ 『ESCAPE』はジャーニーのアルバムで最も『売れた』作品となりましたが この時期でしたかね?そのせいでジャーニーは一部のロックファンから 『産業ロック』『商業ロック』と揶揄されてしまうんですけど それが影響してなのか次回作の『FRONTIERS』は 前作と対照的とも言える…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

☆JOURNEY☆Vol.5

ジャーニーとゆうバンドの特徴の一つに メンバーチェンジ毎に転換期を迎えるとゆうのがあるんですけど 最大の転換期となったのはやっぱりKeyの交代でしょう オリジナルメンバーでそれまでバンドの中心人物だったグレッグ・ローリーが 多忙なバンド活動に肉体的限界を感じ始め 健康面での不安を理由にバンドを去る事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆JOURNEY☆Vol.4

チョット間が空いてしまいましたが先ずはこちらから ♪Any Way You Want It 如何でしたでしょうか? 現在、日テレ朝8時からの『スッキリ』のOPテーマにも使われているので 耳にした事もある方も多いと思いますが たった3コードのシンプルな曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆JOURNEY☆Vol.3

『インフィニティ』の商業的成功は 後のバンドの音楽的方向性を決定付ける事になるのですが それによってポップ路線を目指す事を嫌ったドラムスの エインズレー・ダンバーがバンドを去る事になります 後任にジャズ畑出身の無名の凄腕ドラマー スティーヴ・スミスの参加が決まり 1979年に通算5作目のアルバム『EV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆JOURNEY☆Vol.2

1975年に『サンタナ』のバックメンバーだった グレッグ・ローリーとニール・ショーンを中心に結成されたジャーニー 元サンタナとゆう事もあって初期の頃は ラテン色の強いアメリカンプログレ的なバンドだったのですが 4作目のアルバム『Infinity』か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆JOURNEY☆Vol.1

80's Vol.13のネタが既に出来ているのですが 来日記念とゆうことで予定を変更して 今回からジャーニー特集を数回やりますんでヨロシクです 先ずはこちらから ♪Don't Stop Believin' 如何でしたでしょう…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

☆JOURNEY☆来日決定!!

今日新聞にパープルとイングヴェイの 共演による来日決定の告知が掲載されてたもんで ウドーのHPにアクセスしたら1週間前にジャーニーの来日も 既に決定してた様で慌ててチケット予約しました やっぱりこうゆう情報はマメにチェックしないといけませんな
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

☆JOURNEY☆REVELATION Vol.3

Disc 2は黄金期のセルフ・カヴァーで収録曲は20年前にリリースされた ベストアルバム『GREATEST HITS』全15曲の中からセレクトされた10曲プラス 『ESCAPE』の2曲目の♪Stone In Loveの計11曲 Voだけ差し替えた手抜き音源では無く すべてのパートを録音し直し、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆JOURNEY☆REVELATION Vol.2

今日まで通勤中にDisc 1、Disc 2共に 何度か聴いてますが、かなり良いですね 曲もジョナサン・ケインとニール・ショーンによる 往年のジャーニーサウンド健在とゆう感じで 新Voのアーネル・ピネダは改めて聴くと スティーヴ・ペリーの単なるコピーではなく 自分らしさをしっかり持っているのが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆JOURNEY☆REVELATION

BV特集ファイナルをやるつもりだったんですが 予定変更しますヨロシク 昨日ヴァンデンバーグの紙ジャケCDを買いに行って ジャーニーの新譜『REVELATION』を買い忘れてた事を思い出し一緒に購入 今回のアルバムで話題となっているのが ニール・ショーンがYOU…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more