〜bourbon rainに酔いしれて…♪〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆Back to the 80's☆Vol.65

<<   作成日時 : 2018/10/08 11:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今回はブラック&ハードでイキたいと思いますが80年代、色んなバンドが登場しましたけど、中でも、この人達は当時、特に異彩を放ってましたね


☆Living Colour/♪Cult Of Personality





リヴィング・カラー


Vivid
Sbme Special Mkts.
2002-09-03
Living Colour

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




御覧の様にメンバー全員が黒人という珍しいハード・ロック・バンドですが

(黒人アーティストは沢山居るけど黒人でロックをやる人は極端に少ない)

あのミック・ジャガーが、このバンドをエラく気に入って方々で推していた事も有ってか

この曲がスマッシュ・ヒット


ハード&ヘヴィならぬハード&ファンキーなのがカッコいいよね

前回、紹介した♪ワード・アップのカヴァーVerでもそうだけど

ファンキーなノリをハードなサウンドで演ると、それだけでカッコよく成るから不思議だ




続きましてはブラックでもファンキーとは丸で正反対とも言えるコチラ



☆Tony MacAlpine/♪Tears of Sahara








トニー・マカパイン

シュラプネル系ネオ・クラシカル・ギタリストの一人ですが

映像は当時、日本で真夜中に放映されてたピュア・ロックでのスタジオ・ライヴ📺



聴いての通り全くファンキーでは有りませんけど(笑)

この人は元々ピアニストでフレデリック・ショパンから多大な影響を受けておりまして

自身のリーダー・アルバムではピアノ・ソロも収録したり


マキシマム・セキュリティ
ユニバーサル ミュージック
2016-05-18
トニー・マカパイン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



↑ギター・インスト・アルバムの中では超名盤



また鍵盤奏者としての腕を買われて後に、あのスティーヴ・ヴァイのバック・バンドに参加したりもしてましたね






さてさて今回、最後はハードとは違うんだけどハービー・ハンコックのコチラの曲で〆たいと思います


H・ハンコックを知らなくても、この曲は絶対、耳にした事、有るんじゃないかな?



この人も本来はジャズ・ピアニストなんだけど

ディスコ・ミュージックとか好きな人からも結構、認知されてたからね。


☆Herbie Hancock/♪Rockit






フューチャー・ショック(期間生産限定盤)
SMJ
2017-11-29
ハービー・ハンコック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆Back to the 80's☆Vol.65 〜bourbon rainに酔いしれて…♪〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる