〜bourbon rainに酔いしれて…♪〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆Gtインスト特集☆Vol.1

<<   作成日時 : 2009/05/12 22:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

いつもお世話になってるみいのすけさん
ご自身のblog(←クリック)にてまたまた面白い記事を書かれていたので
我がブログ恒例の猿真似企画と行きますんでヨロシク


ギター・インストゥルメンタル

オレの大得意分野なもんで
何からご紹介しようか迷いに迷うのですが

(あぁブログのネタがドンドン増える.....)

第1回目はこの3作品をご紹介しましょっかね


先ず最初はアル・ディ・メオラ
パコ・デ・ルシア、ジョン・マクラフリンの
『Friday Night in San Francisco』


画像



ギターインストアルバム並びにライヴ・アルバムとしても
20世紀の最高傑作と自分では勝手に思っている作品ですが
この辺のウンチクを語りだしたら長くなるので今回は省略します


また残念ながら調度良い映像が見付らなかったもんで
割と最近のお三方の映像をお送りしたいと思います


♪Mediterrean sun dance






続きましてはこちら


♪Larry Carlton / Room 335






画像




後のフュージョン・ブームのキッカケとなったと言われてる作品ですが
この曲に関しては自分は映像よりもCD等の音源をお勧めします

理由はこのアルバムの方でドラムを叩いているのは
あのジェフ・ポーカロでありまして
これがまた実に素晴らしいリズムとグルーヴを聴く事が出来ます


さてさて今回最後にご紹介しますのは
やっぱりジェフ・ベックですね

この人は数多くの名演がありますけど
自分は10代の頃にこの曲をテレビで観て生まれて初めて音楽で泣きました


♪Definitely maybe





画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ〜♪
ラリーカールトンとジェフベックは名前は知ってたけど顔は知らなかったので「へぇ〜この人が〜!!」って思ったけど次見てもわからんのやろな〜。。。ってスミマセン。。。
最初のお三方は名前も知らなかったけど曲はフラメンコっぽいですよね。
それよりギターひいてる指の動きの速さにビックリしました!!☆
chinatown
2009/05/14 21:10
chinatownさん♪^^毎度です〜♪

>>次見てもわからんのやろな〜

あはははは
どちらも見た目はあんまり特徴無いですからね(笑)

>>フラメンコっぽい

仰る通りスパニッシュな雰囲気の曲ですよね

因みにパコ・デ・ルシア(画面、左)は
フラメンコの世界では超有名なギタリストで
またアル・ディ・メオラ(画面中央)は
元祖早弾きギタリストと言われておりますが
マクラフリンも含めて
いずれもテクニック、表現力
共に超一流のギタリスト達ですね
AKIRA
2009/05/15 21:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆Gtインスト特集☆Vol.1 〜bourbon rainに酔いしれて…♪〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる