〜bourbon rainに酔いしれて…♪〜

アクセスカウンタ

zoom RSS Voの交代による後のバンドへの影響について

<<   作成日時 : 2009/03/15 22:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

前回
いつもお世話になってるchinatownさんから
興味深いコメントを頂き今回はそれを基に
自分なりにちょっと掘り下げてみたいと思いますヨロシク

頂いたコメントの詳細は前回の記事をご参照頂くとして
ヴォーカリストとは言うなればバンドの『顔』の様な存在で
それが変わるとなるとバンドとしては一大事な訳で
それを考えるとchinatownさんの仰る様に
矢沢永吉の居ないキャロルはキャロルと言えないですよね
ジョニー派の方々はそうは思わないかもしれませんが(笑)


似た例を別に挙げると
ポールの居ないビートルズにミック・ジャガーの居ないストーンズ
スティーヴン・タイラーの居ないエアロって全くイメージ出来ないし
桑田佳祐の居ないサザンはサザンとは呼べんだろうし。。。


では逆にジャーニーの様に
その『顔』が変わっても成功してる(してた)バンドを思い付くだけ挙げてみると〜

ヴァン・ヘイレン、ディープ・パープル、ブラック・サバス、
AC/DC、レインボー、キング・クリムゾン、、TOTO、
ドゥービー・ブラザース、ジェネシス、シカゴ、ラウドネス...

。。。。。。と結構あるな(笑)

クィーンも一応は上の条件に入るかな?


また更に逆に人気が急落したんじゃないかと思えるのは〜

ジューダス・プリースト、アクセプト
アイアン・メイデン、モトリー・クルー.....

これらは結局は元のVoが戻って復活してるバンドですね

以上の事例から考察すると
すべてには当てはまりませんがリーダーがヴォーカリストではないバンド
つまり音楽面での中心人物が楽器演奏者にあるバンドは
Voの交代が後のバンド活動にそれほど影響しない様に思えますね

それともう一つ
これが一番重要なんじゃないかと思うんですが
結局は後任にどんなVoが入るのかってぇのが一番影響するんでしょうな


現に上のバンドは歴代のVoの名を殆んど言えますが
下の方は全盛期のVoは知ってても代わったのは憶えてない所か
名前も顔も知らないのばっかりだし(笑)

つまりはファンが受け入れた場合は生き延び
拒絶した場合はコケるとゆう自然な流れになるんでしょうが
それをキャロルに当てはめたら。。。。。
後者になる可能性大でしょうね

ですが仮に
もしスティングの様な強い個性を持った人の加入で
キャロル再結成なんて事になったら、それはそれで面白いかもしれませんね

ただキャロルの場合、権利関係は確か永ちゃんと
ヤザワクラブが管理してるはずだから
永ちゃんの居ないキャロルは現実的にも有り得ませんけど(笑)


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
色々と考えてみますと、バンドって結構複雑な感じがしますね。
ボーカルが顔だとしたら、X JAPANですとTOSHIになるわけですが、例えTOSHIがいなくなってもおそらくXはそこそこの地位は保てると思いますけど、YOSHIKIがいなくなったら、まず終りだと思います。(Xファンの方、失礼!)
そう考えると、AKIRAさんの言う通り、バンドの中心人物がいなくなるのが一番ダメージでかいのかな?と思います。
永ちゃんの代わりは、高橋ジョージじゃどう考えても役不足ですな(^^;
ターボー
2009/03/16 23:20
ターボーさん♪^^

バンドってホント多種多様ですよね☆

Xに関しては自分も仰る通りだと思います☆
YOSHIKI氏は言うなればXの心臓であり頭脳でもあると思うんですが
仮にそれが無くなったらもはやバンドは死に体ですからね

>>高橋ジョージじゃ〜

あははは(笑)
ジョージ氏には申し訳ないけど
それならまだB吉氏の方が適任かもしれませんね♪(笑)^^
AKIRA
2009/03/17 00:10
高橋ジョージの件、少しは可能性がありそうなところが怖いですね(笑)。さすがに「キャロル」とは名乗れないでしょうけど、「ファンキーモンキーベイビーズ」、、、は既にいるから「テディボーイズ」とかなんとかいって、、。

DEEP PURPLEの初代ヴォーカリスト、ロッド・エヴァンス(でしたっけ?)が脱退後、単体で「DEEP PURPLE」を名乗ってツアーしたことがあるらしいですね。この場合は完全な詐欺ですね。
みいのすけ
2009/03/17 19:54
みいのすけさん♪^^

或いはミスター・ギブソンか
ハニー・エンジェルとか名乗ったりして(笑)

>>脱退後、単体で〜

その話は知りませんでしたが
そりゃホントに詐欺ですね
勝手に名乗るだけならまだ判りますけど
それでツアーが出来たってぇのは違う意味で凄いですな
AKIRA
2009/03/17 22:00
こんばんわ〜!
永ちゃん以上に強い個性をもったボーカリストって思いつかないんだけどAKIRAさんの言うようにそうゆう人がいたとしたら「キャロル」もありかも知れないな〜なんて思いました。
でも高橋ジョージは、私もなしです。。。
「テディボーイズ」「ハニーエンジェル」がピッタリですね☆
chiantown
2009/03/18 20:16
chinatownさん♪毎度です!^^

>>永ちゃん以上に強い個性をもった〜

自分も言ってはみたものの誰も思い付きません(笑)
どちらにしてもそれが実現したら
それは『キャロル』とは別バンドとなりますよね

あらま高橋ジョージ氏は不人気ですなぁ
自分も否定派ですが流石に気の毒になってきました(笑)
AKIRA
2009/03/18 22:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
Voの交代による後のバンドへの影響について 〜bourbon rainに酔いしれて…♪〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる