〜bourbon rainに酔いしれて…♪〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆Journey☆in東京国際フォーラムVol.3

<<   作成日時 : 2009/03/12 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 9

コンサートの良し悪しに
セットリストは大きく影響すると思うんですが
そうゆう意味でも今回のライヴは自分好みで
また意外性のある選曲に思えました

画像




先ずは♪Ask the Lonely

この曲大好きなんですけどライヴでお約束とゆう訳では無いので
今回、生で聴けてかなり嬉しかったですね


♪Keep on Runnin'では
前回の来日時もそうでしたが新生ジャーニーでは
ドラムスのディーン・カストロノヴォがヴォーカルを担当


他にも♪Still They Rideと♪Mother, Fatherだったかな?
ここでもVoをやってましたが
それにしてもこの人ドラムをやらせておくのが
勿体無い位に歌が上手いですよね


♪Wheel in the Sky
かなりハードなアレンジに変えてあって
最初は何の曲か判らなかったんですが、これはカッコよかった
次回作でこのヴァージョンのセルフカヴァーを出して欲しい位によかったですね


♪Lights / Still They Ride
この流れも良かったですねぇ〜
♪Stay Awhileも期待してたんですが
♪Still〜を持ってきたあたりが自分としては嬉しい誤算でした(笑)


♪Rubicon
この曲も大好きで
また聴けるとは思わなかったもんでこれも嬉しい誤算でしたね



♪What I Needed
これは今回のセットリストでは正直選曲ミスじゃないかなと思いました
理由はこの曲の雰囲気や構成が自分としては
♪Mother, Fatherにかなり近い物を感じるので
新旧同じ様な曲を持ってくるのはやっぱり避けてもらいたいですね


♪Faithfully
今回のライヴのベスト・チューンですね
実は曲自体はそれほど好きでは無いんですけど
ここでのアーネルの歌声は本当に素晴らしかった
アーネル・ピネダはマジ最高ですね


♪Lovin', Touchin', Squeezin'
前回来日時のアンコールもこれでしたけど
正直「へ?またこれ?」と思いましたね
しかも今回もアンコールはこれ1曲のみ
大好きな曲の一つだからいいんですけど
欲を言えばこの後に♪Be Good To Yourselfとかを持ってきて
ドカンと盛り上げて欲しかったよなぁ〜

そういえば『Raised on Radio』からは1曲も演ってないな

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Voの交代による後のバンドへの影響について
前回 いつもお世話になってるchinatownさんから 興味深いコメントを頂き今回はそれを基に 自分なりにちょっと掘り下げてみたいと思いますヨロシク{%おじぎちゃんhdeco%} ...続きを見る
☆バードランドの子守唄♪☆
2009/03/15 22:29
☆JOURNEY☆ in 日本武道館 2013.0311 Vol.2
私事ですが自分、重度の花粉症でして只今鼻水、目の痒みと戦いながらPCに向かっておりますが、さて何から書きましょうかね{%ペンwebry%} ...続きを見る
☆バードランドの子守唄♪☆
2013/03/16 13:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
JOURNEYのライブすごく良かったみたいですね☆
ここでど素人の疑問。
新しいボーカルのアーネル・ピネダってどの人ですか?
中央の黒髪のロン毛の人かしら??
読んでて思ったんですが外人のバンドはこんな風にボーカルが変わっても普通にそのバンドを継承していけるのがすごいな〜と。
これが日本のバンドだったらそうはいかないですよね〜。
例えばキャロルのボーカルが永ちゃんから別の人に変わったら、それはキャロルじゃないだろ!!と思うと思うんですよね。
何が違うんでしょうね〜?


chinatown
2009/03/12 22:56
chinatownさん♪^^
毎度ありがとうございます!^^

>>アーネル・ピネダって〜

ビンゴです!^^
中央の椅子に座って脚を組んでる人物でこの人に関しては
今後のジャーニー特集にてまた取り上げますんでヨロシクです


>>ボーカルが変わっても普通にそのバンドを〜

仰る通り永ちゃんの居ないキャロルはキャロルではないですよね

ってゆうかその話題頂きました!!^^

これは面白くまた難しいテーマですね
もっと掘り下げたいんで次回記事にさせて頂きたいと思いますんで
重ねてヨロシクです!
AKIRA
2009/03/13 00:04
それにしてもDeen Castronovoの歌は本当にすばらしいです

あの厳つい顔で、さらにものすごい腕の刺青からは想像できません

アルバムにもDeen Castronovoの歌う曲を、1曲でも入れてくれたらと思いますNever Too Lateも結構好きです

journeyバカ
2009/03/17 16:53
journeyバカさん♪^^

随分とディーンのVoがお気に入りの様だねぇ

昔はあんな風体ではなかったんだけどねぇ(笑)

>>アルバムにもDeen Castronovoの歌う曲を〜

確かに『GENERATIONS』では
メンバーがそれぞれVoを取ってる曲もあったから
それも『有り』だね
AKIRA
2009/03/17 21:46
この東京国際フォーラムでのライブが2枚組みのCDとなって発売されたようです国際フォーラムの音が酷いなどの声があったようですが、非常に音のよい作品となっているようです
タイトルは、JOURNEY REVELATION CALLING.
詳しくはJOURNEY REVELATION CALLINGで検索をしてみてください
もし知っていたらすみません
journeyバカ
2009/04/22 17:30
journeyバカさん♪^^

ありがとう知らなかったよ〜
後で検索してみるね
AKIRA
2009/04/22 20:37
冷静になってもう一度JOURNEY REVELATION CALLING検索したのですが発売元がわからない・・・。
journeyバカ
2009/04/23 17:27
journeyバカさん♪^^

どうやらブートの様だねぇ
AKIRA
2009/04/23 20:09
おとなしくマニラでのライブDVDを待ってよ
journeyバカ
2009/04/25 15:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆Journey☆in東京国際フォーラムVol.3 〜bourbon rainに酔いしれて…♪〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる